M様邸 椅子を語る③ ミッドセンチュリー編

皆様こんにちは〜itoです!

見学会待ち遠しな〜・・・

なんて思ってましたが・・・

いよいよ、今週に迫ってまいりましたM様邸見学会ラブ

気合い充分!!

今日もブログアップしていきますよ!

前回、KimuraのブログでM様が椅子にはこだわりをお持ちという

ことをお伝えしました。

ミッドセンチュリー系がお好きなM様照れ

『ミッドセンチュリー』ってたまーに耳にすると思うのですが

ミッドセンチュリーってなんぞやびっくりびっくり!!

ということで・・・

ミッドセンチュリーとは

直訳すると「1世紀の中間」という意味で

家具業界のミッドセンチュリーとは1950年前後に誕生した家具の事を表します。

当時、家具は直線で成り立っている物がほどんどでしたが

第二次世界大戦が終了し戦時中に軍需産業が生み出したプライウッド(成型積層合板)やFRP(ガラス繊維強化プラスチック)などの新しい技術が世に出てきた事によって

インテリアデザイナー達は曲線を家具に取り入れていくことが出来るようになりました。

ミッドセンチュリーデザインの特徴としては

曲線を多用したデザイン、開放感ある時代を体現するようなポップなカラーなどが挙げられます。

ミッドセンチュリー家具は個性的なスタイルでありつつも、現代の様々なアイテムと組み合わせても遜色なく、かつ違和感なくレイアウト出来ます。

今回、そんなM様にご提案したチェアは

世界中で支持され続けるミッドセンチュリーの名作

アメリカ家具の『シェルチェア』です!

シェルチェアはミッドセンチュリーを代表するデザイナーの

チャールズ&レイ・イームズの代表作です。

「デザイン性に優れ、安価で量産できること」を目的とし製作された

背座一体型のプラスチックチェアの代名詞ともいえる作品です。

シェルチェアは脚の形も4種類ございます。

生活スタイルや空間に合わせて座面カラーや脚が選べるのですねキラキラニコ

 

↑一番左のワイヤーベースが定番モデルになります。

脚部はブラック、ホワイト、クロームの3つ仕上げから選べるのですが、

M様邸は大人っぽく

サイドチェアとアームチェア1台ずつ

座面ブラック+脚ブラックにしております。

 

 

さらにテーブルもオールブラックにし統一感抜群です!

 

朝起きて、ここで外を眺めながらコーヒーを一杯

優雅な時間が過ごせそうですよねもぐもぐ!!

シェルチェアのかっこいいデザインは当時の素材や技術の粋を集約し

名作チェアとして現在も世界中の人々を魅了し続けています。

〜M様邸見学会〜

7月14日(土)9:30〜16:30

7月15日(日)9:30〜16:30

7月16日(月)9:30〜15:00

混雑が予想されます。ご予約をお勧めしております。

株式会社 D・LIFE

TEL番号 019-681-3863